製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の直接的な原因と歯周病の予防についての情報

歯周病の直接的な原因と歯周病の予防についての情報

歯周病とは歯と歯ぐきの隙間から細菌(原因菌)が入り込み歯を支えている歯ぐきや骨、歯根膜などの歯周組織を壊していく病気で、歯肉炎と歯周炎に分けられます。その進行状況により歯ぐきの発赤・腫れ・出血、口臭、歯のぐらつきなど様々な症状が現れます。歯科病気の治療は専門な器材が欠かせません。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

歯周病の直接的な原因はプラークですが、その他にも、さまざまな因子が関わっていると言われています。プラークは、単なる“ 食べかす ”のように思われがちですが、そうではなく、食べかすに群がった虫歯菌や歯周病菌をはじめとする多種多様の微生物のかたまりがプラークなのです。調査によるとプラーク1㎎のなかに1億個の微生物がいると言われており、その中には病原性を持つ細菌だけでも多種類が共存していて、歯周病は、その中の歯周病菌が引き起こす病気なのです。

 

歯周病の予防のためには、原因であるプラーク(細菌)をゼロに出来れば良いのですが、これは不可能です。そこでプラークの増殖を抑制し、自分の体(歯や歯肉)に悪影響を及ぼさない程度にいつもコントロールしておくことが必要です。これが『プラークコントロール』です。つまり歯ブラシなどの清掃用具により、細菌の量を減らす『プラークコントロール』が最も大切な予防法です。

 

PMTCでのプラークコントロール

PMTCとは、毎日での歯みがきでは落としきれない歯の表面に付着した汚れを、専用の機械を用いて徹底的に除去する方法です。PMTCは歯周病の予防にとても有効です。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp