製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 四つのタイプの審美歯科のセラミック治療法について

四つのタイプの審美歯科のセラミック治療法について

ラミネートべニア

歯の表面を少しだけ削りその上に貝殻状のセラミックを接着させる方法です。変色している歯の色調の改善や小範囲の歯並びの改善、隙間の開いた歯の修復、歯の形態の改善に用いられます。審美歯科治療は専門な器材(歯科通販)が必要です。

 

ハイブリッドクラウン

ハイブリッドクラウンは、セラミック(陶器)とレジン(歯科用プラスティック)を混ぜて作られたクラウンとなっています。オールセラミッククラウンよりもやわらかく周囲の歯にダメージを与えにくいクラウンとなっています。

 

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンとは、金属を一切使わないセラミックだけでできた被せ物です。金属を使用していないため、天然歯により近い色合いや形態を再現することができます。

 

メタルボンドクラウン

メタルボンド冠とは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けたクラウン(被せ物、差し歯)です。見た目が良く変色せず強度も強いので、保険外で治療をする際、非常によく使用されます。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp