製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > インプラント治療とブリッジ治療の紹介

インプラント治療とブリッジ治療の紹介

インプラント治療とは、歯を失った部位にインプラント(人工の歯根)を埋め込み、その上に天然の歯とほとんど変わらない人工の歯を取り付ける治療法です。審美的に優れているだけではなく、自分の歯と同じようにしっかりと噛むことができます。従来のブリッジ治療のように自分の歯を削る必要もなく、入れ歯の違和感やガタつきもありません。歯科治療は専門な器材(歯科通販)が必要です。

 

インプラント治療の欠点

治療の期間が長い

治療費が高い

インプラントを顎の骨に埋めこむ手術が必要です。

全身の疾患がある場合には治療ができない場合があります。

 

ブリッジ治療とは、歯を失った部分の前後の歯を削り、それらの歯(支台歯)に一体型の連結冠を被せて歯の欠損部を補う治療法です。歯を失った際の治療としては、最も一般的な治療です。 

 

ブリッジの欠点

ブリッジを固定するため、周囲の健康の歯を削らなければならない

 歯の抜けた部分の骨が次第に痩せていくことがある

土台にする歯に負担がかかりやすい


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp