製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ラミネートベニア法についてのことの紹介

ラミネートベニア法についてのことの紹介

 ラミネートベニア法は、歯の表面を薄く削り「付け爪」の感覚で、薄いセラミックを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げる治療法です。審美歯科治療は専門な器材(歯科通販)が必要です。

 

ラミネートベニア適応症例

歯の表面を漂白するだけでは、十分な効果が得られない。

歯の大きさや幅が不揃いで気になる。

歯の隙間が気になる

綺麗な歯にはしたいが、その為に大きく歯を削りたくない。

歯の色にばらつきがある

 

ラミネートベニアのメリット

色だけでなく、形なども治療可能のため、仕上がりがきれい

歯の色の後戻りがない

2~3回の通院で、短期間で治療がおわる

歯を削る量が少ない

 

ラミネートベニアのデメリット

削る量が少ないとはいえ、健康な歯を削る必要がある

セラミックのシェルは薄く割れやすいので、強い力のかかる部位には使用できない

歯の形は変えられるが、歯の方向はほとんど変えられない

ホワイトニングに較べて高価


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp