製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の予防および食生活と歯周病の関係の紹介

歯周病の予防および食生活と歯周病の関係の紹介

 歯周病とはごく簡単に言うと、細菌による感染症です。細菌が歯肉に感染しておこる病気です。罹患率は非常に高く、日本人(成人)の約7~9割が発症しています。人類の有史以来、最も感染者数の多い感染症です。軽度の場合は自覚症状はありません。中等度の場合、出血や歯茎の下がりなどで気が付きます。重症の場合、歯がぐらぐら動揺してきます。この病気の難しいところは軽症から中等度の患者さんの治療受診率が低いという事です。

 

歯周病の主な原因はプラーク中の歯周病の細菌。プラークは細菌の塊です。その他の因子として、喫煙・ストレス・歯ぎしり・全身疾患(高血圧・糖尿病など)がありますが、プラークを取り除く事が、最も大切です。歯科病気の治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

歯周病にならないために

正しい歯ブラシの方法で毎日実行

歯の表面を歯垢のない清潔な状態に保つ

歯科医院で歯肉の中まで入っている歯石を完全に取り除き、さらに根の表面を滑らかにして炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去します

傷んだ歯肉、骨を治療して健康に近い歯肉にします

歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメインテナンスを定期的に受ける

 

食生活と歯周病の関係

食生活は歯周病予防の大きな要因の1つです。食事による"噛む"という行為はただ食物を消化しやすくするというだけではなく、歯茎の血行を促進し、そのことで分泌される唾液によって口の中を浄化するといった流れにより口の中を丈夫で清潔にし歯周病を防ぐ事に繋がります。普段からなるべく固い物を食し、よく噛むということを意識するのが大切です。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp