製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の恐ろしさおよびプラークコントロールの紹介

歯周病の恐ろしさおよびプラークコントロールの紹介

 歯周病とは簡単に言うと、歯を支えている骨が少しずつ減ってしまう病気です。歯の周囲に付着したプラークが歯と歯肉の隙間に入り込み、プラーク内の細菌から歯を支えている骨が逃げて減ってしまうのです。つまり、むし歯もない健康な歯でも、その周りの骨が解けることにより最後には抜けてしまう病気です。歯科病院では専門な器材が欠かせません。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

歯周病の恐ろしさは、初期段階では自覚症状がほとんどとないことです。歯のぐらつきや、歯茎からの出血などの症状が現れたときにはかなり進行していることもあります。二次的に人体に悪影響を与える可能性もあり、心疾患への影響や早産の可能性、糖尿病の悪化などの要因にもなり得る恐ろしい病気です。

 

歯周病予防、治療共に基本となるのがプラークコントロールです。プラークコントロールとは歯周病の原因である歯垢の増殖を抑えることに重点を置いた予防、治療法で、正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本です。

 

PMTCによるプラークコントロール

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaning の略です。簡単にいうと、「歯科医師や歯科衛生士による、専用の機器を使った歯のお掃除」という意味になります。専門的なクリーニングですので、歯ブラシでは取れない汚れまで、しっかりと落とすことができます。PMTCは歯周病の予防にとても有効です。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp