製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の主な原因(プラークと歯石)および歯周病と糖尿病の関係の紹介

歯周病の主な原因(プラークと歯石)および歯周病と糖尿病の関係の紹介

 歯周病は歯を支えてる歯周組織が細菌感染により、破壊されてしまう疾患。つまり、歯を支えている骨などが吸収する事。実際のところ歯周病を認識している方は少なく、自覚がないまま進行しており、気づいた時には進行してしまっているのが、歯周病の特徴である。35歳以上の方の80%が罹患してると言われ、歯を失う最大の原因になっている。歯科治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

歯周病の主な原因

プラークプラークの90%は細菌の塊です。このプラークが、 歯と歯肉の境目につき炎症をひきおこします。

歯石:プラークに唾液中のカルシウムなどが沈着し歯石になります。つまり歯石は、プラークが石灰化した物で、炎症の原因となります。その表面が粗面であるので、プラークがつきやすくなり、歯肉を刺激し、炎症を悪化させます。

 

糖尿病と歯周病

以前から、糖尿病の人は歯周病にかかってしまうリスクが高いと言われていました。さらに近年では、逆に、歯周病にかかると糖尿病が悪化するという報告もあります。つまり歯周病と糖尿病は、お互いに悪影響を及ぼしあう関係なのです。

 

歯周病を予防するには「プラークコントロール」と「歯科医院での定期的なメンテナンス」の2つが重要です。予防の成否は患者さんが歯周病についての知識 をどのくらい知っているかにかかっています。一度歯周病になってしまうと治療は非常に大変です。ぜひ歯周病についての知識を身につけて、歯周病をしっかり と予防してください。 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp