製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の特徴、原因、予防に関すること

歯周病の特徴、原因、予防に関すること

 歯周病は生活習慣病の一つに数えられる感染症の病気です。日本人が歯を失う原因の第一位がこの歯周病で、日本人の成人の約80%が歯周病の可能性があると言われています。 初期段階での自覚症状がない事が多く、気が付いた時には病状はかなり進行しており治療に時間がかかってしまう事が多い病気です。歯周病の治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が欠かせません。

 

歯周病の原因

歯周病の原因はお口の中の細菌です。細菌が集まって層を成したものをプラーク(歯垢)とよびます。プラークの中の歯周病菌が感染し歯の周りの歯肉、歯根膜、歯槽骨などの組織を破壊していくのです。歯槽骨が大きく破壊されると歯を支えきれなくなり、歯がグラグラになったり、抜け落ちてしまったりするのです。 

 

歯石について

歯石とは、プラークが石灰化し固まったものです。歯石は清掃しにくい部分に沈着しやすい上に、表面がザラザラしているため細菌のかたまりであるプラークが付着しやすいので、歯石が沈着していると虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

 

歯周病予防の基本は、お口の中を清潔に保つことに尽きます。それでも歯茎が腫れるのであれば、ブラッシングの方法など、ほかに問題があるのかもしれません。ぜひ定期検診で、自分のお口の状況を把握して、健康を保ってください。歯は、一度失えば二度と戻ってはきません。歯周病を予防して、大切な歯を守っていきましょう。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp