製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の症状、進行、PMTCの紹介

歯周病の症状、進行、PMTCの紹介

 歯周病とは、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)や歯石の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。歯と歯肉の境目についた歯垢や歯石から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えているまわりの組織をじわじわと壊していき、最悪の場合、歯が抜けてしまいます。これは決して高齢な方にのみ起きる現象ではありません。35歳で80%以上の方が歯周病になっていると言われていますが、実は10代のころから少しずつ進行しているのです。歯周病の治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

次の症状がある方は要注意です

歯肉から出血する

歯肉が退縮して歯が長く見える

歯が移動して、歯間に隙間があるとき

多量の歯石が形成されているとき

歯がグラグラしているとき

口の中で変な味がしたり、口臭があるとき

 

歯周病の進行度

軽度な歯周病 (骨吸収1~3mm)

歯茎の縁をはじめ歯の周りの組織に炎症が起きている状態です。歯肉が腫れ、歯槽骨が溶けはじめます。

中度の歯周病 (骨吸収3~5mm)

歯茎の炎症が広がり、ちょっとした刺激で出血したり膿が出たりしやすくなります。歯槽骨がさらに溶けて無くなってゆきます。

重度の歯周病 (骨吸収5mm以上

歯肉がブヨブヨしていて細菌感染しています。口臭の原因になります。骨の吸収が著しく歯がグラグラ動き、進行が進むと歯が抜けてしまうこともあります。

 

PMTCと歯周病の予防

毎日の歯磨きで隅々までしっかり磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくい所や汚れがたまりやすい所があります。普段のブラッシングで磨けていない歯のクリーニングを歯科衛生士が専門的な器械を使って行うのがPMTCです。PMTCには、虫歯予防や歯周病の予防や改善、歯質の強化とともに歯の着色を除去し、光沢のあるきれいな歯を保つなどの効果があります。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp