製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 口呼吸と歯周病の関係および喫煙と歯周病の関係の紹介

口呼吸と歯周病の関係および喫煙と歯周病の関係の紹介

 歯周病は、歯を支えている骨が溶けてしまう病気の事で、日本人が歯を失う最も大きな原因と言われています。歯と歯ぐきのすき間である歯周ポケットにたまった、歯垢(プラーク)に含まれる細菌が原因で、歯肉が腫れたり出血したりして、最終的には歯が抜けてしまう事もあります。歯周病の治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

歯周病の進行階段について

歯肉炎歯ぐきが炎症を起こして赤く腫れています。歯を磨くと血が出ることがあります。

軽度歯周炎歯ぐきの炎症が悪化しています。腫れがひどくなると、歯を支えている顎の骨が溶けはじめます。

中等度歯周炎歯ぐきの炎症がさらに悪化し、顎の骨が半分近くまで溶けています。指や舌で歯を押すとグラグラします。

重度歯周炎歯のグラつきが顕著になります。顎の骨の大部分が溶けて歯が支えきれなくなると、歯が抜け落ちてしまいます。

 

口呼吸と歯周病の関係

口で呼吸をすると、口の中が乾燥しやすくなり、細菌にとっては増殖しやすい環境となります。細菌に感染しやすく、炎症を起こしやすくなります。鼻づまりなど、耳鼻咽喉の病気のある人は治療の必要がありますが、口呼吸の癖のある人は、その癖を治すように心がけましょう。

 

喫煙と歯周病の関係

喫煙をすると非喫煙者と比較して2~6倍のリスクで歯周病になります。しかも1日の喫煙本数が増えれば歯周病のリスクも増加します。しかし喫煙によって増加した歯周病のリスクは、禁煙期間が長くなるとともに低くなります。また、喫煙者はニコチンの血管収縮作用により歯肉が炎症を起こしても出血が抑えられてしまいます。そのため、歯周病に気がつきにくく、気がついた時は手遅れになっている場合もあります。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp