製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の原因と歯周病の兆候について

歯周病の原因と歯周病の兆候について

 歯周病は生活習慣病の1つで、歯がなくなっていく病気です歯周病は進行すると、歯を支える歯槽骨と呼ばれる骨が溶けていき、最終的には歯が抜けてしまいます。30歳代になると、90%以上の人が歯周病にかかっており、40~50歳代の人が歯を失う原因の役50%が歯周病だあるといわれています。つまり、成人で歯を失う最大の原因が歯周病です。歯科病院では専門な器材に離れません。一部分の器材はコンプレッサーでの協力が必要です。

 

歯周病の原因

歯周病の大きな原因はプラークと呼ばれる歯垢です。歯垢はむし歯、歯周病の原因となる微生物のかたまりで、1mgあたりに約1億個の微生物が活動をしています。歯垢が石灰化した歯石も歯周病の原因のひとつで、歯石はブラッシングだけで取り除くことはできません。またタバコも歯周病の原因の一つです。タバコを吸うと血液の循環が悪くなり、歯茎の再生能力が弱くなるため歯周病が進行してしまいます。

 

こんな症状は歯周病の兆候です 

1、朝起きたときの口臭が激しい。

2、パートナーから口臭の指摘があった。

3、歯がグラグラして赤く腫れている。

4、歯磨き時に血が出る。

 

PMTCでの歯周病の予防

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、プロフェッショナルな専門家による、専門機器(専門器具)を使った歯とお口の中のクリーニングのことです。PMTCは歯周病の予防にとても有効です。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp