製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の特徴および歯周病の予防と治療の紹介

歯周病の特徴および歯周病の予防と治療の紹介

 歯周病は、歯周病菌という菌が歯周ポケットから浸潤して、顎の骨を浸食します。重度の歯周病になりますと、顎の骨が後退し、歯ぐきが下がってしまい歯の根っこの部分がどんどん露出していきます。最終的には、歯がぐらついて食事の最中などに突然抜けてしまうことになります。歯周病の治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

歯周病は虫歯とともに二大歯科疾患に数えられています。現在では20代の約7割、30代の約8割が歯周病だとも言われており、さらには小中学生の患者も増えているという報告が出ています。

 

治療について

歯周病は、初期のうちなら完治することができますし、かなり悪化しても、現在は治療法の進歩で適切な治療とセルフケアをきちんとすれば、抜かなくてもすむケースが多くなってきました。少しでも自覚症状があったら、痛みが無くても積極的に診察を受けましょう。

 

PMTCでの歯周病の予防

PMTCとは「プロによる専門器具を使ったお口のクリーニング」のことです。歯を毎日丁寧に磨いているつもりでも、虫歯・歯周病の原因菌は完璧に除去できません。セルフケアであるブラッシングには限界があるのです。そのため、定期的に歯科医院に通い、専用の器具を用いた徹底的なクリーニングをする必要があります。PMTCは歯周病の予防にとても有効です。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp