製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病という病気の特徴と予防法の情報

歯周病という病気の特徴と予防法の情報

 歯周病は歯槽膿漏という名でも知られ、虫歯と同様に非常に罹患率の高い歯科疾患です。最近ではテレビコマーシャルなどで歯周病予防ブラシや洗口剤が宣伝されるようになり、歯周病という言葉をよく耳にするようになりましたが、実際に歯周病がどのような病気ですか?

 

歯周病は歯を支える骨(歯槽骨)が溶ける病気です。主な原因がプラーク(歯垢)、歯石です。成人の8割の人が歯周病に罹っていると言われ、生活習慣病の一つとして捉えられています。歯科病院では専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブによる消毒が必要です。

 

歯周病は初期段階での自覚症状がほとんどありません。進行すると歯ぐきの出血や腫れ、歯のぐらつき、口臭などといったさまざまな自覚症状が出てきます。こうした症状を放置しておくと、最終的には治療が困難な状態に陥って抜歯することになってしまうのです。歯周病は自覚症状が強くなる前に検査を受け、初期段階で治療を受けることが大切です。

 

歯周病予防、治療共に基本となるのがプラークコントロールです。プラークコントロールとは歯周病の原因である歯垢(プラーク)の増殖を抑えることに重点を 置いた予防、治療法で、正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本です。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp