製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯を失う最も多い原因である歯周病についてのこと

歯を失う最も多い原因である歯周病についてのこと

歯周病は、歯肉や歯槽骨の組織がじわじわと破壊される病気で、初期には自覚症状がなく、気付きにくいため「静かなる病気」とも言われています。歯科病院では専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

歯を失う最も多い原因は歯周病です。歯を失う原因のおよそ4割をしめていると言われています。特に30歳の後半から40歳の後半にかけてはピークで50歳になると歯の喪失原因の約半数を占めるほどの勢いです。人類史上で最も多い感染症とも言われギネスに認定されている感染症です

 

歯周病の進行

歯肉炎歯ぐきが赤く腫れます。歯磨き時に出血することがあります。この時点では、まだ歯槽骨までは影響は出ていません。

初期歯周炎歯ぐきが赤く腫れます。歯を磨いたり、固い物を食べると出血することもあります。歯槽骨が少し溶け始めます。

中等度歯周炎歯周ポケットの炎症が進行して、歯槽骨が溶けていきます。歯が浮いたような感じがし始め、口臭も出ます。

重度歯周炎歯を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまいます。歯が揺れ始め、最後には歯が抜けてしまいます。

 

治療について

歯肉炎の段階なら、正しいブラッシングなどで回復させることも難しくありませんが、歯周病が進行すると健康な状態に回復するまでに期間がかかる場合があり、治療自体も大変になってきます。歯肉が腫れていたり、血が出たりと、少しでも症状を感じたら歯科医院で診察を受けましょう。歯周病の進行度合を詳しく検査し、その方の状態に合わせた治療(歯石除去など)を進めていきます。また、喪失してしまった歯周組織を再生する治療法も、状況に応じて行っています。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp