製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病と生活習慣の関わり及び歯周病の予防についてのこと

歯周病と生活習慣の関わり及び歯周病の予防についてのこと

最近、コマーシャルで歯周病という言葉をよく耳にします。昔の歯槽膿漏(しそうのうろう)とは何が違うのでしょうか?基本的には同じです。歯槽膿漏は昔の呼び名だと思って下さい。現在は、歯周病と呼ばれる病気の中で、程度の軽い歯肉炎と進行した歯周炎とに分けられます。歯科病院では専門な器材が必要です。一部分の器材はエアーコンプレッサーの協力が必要です。

 

歯周病は限度を超えてひどくなると、どんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。 治療に早すぎると言うことはありません。あまりひどくならないうちに完全に治療することが重要です。 また、歯周病が原因で血液中に菌などが流れ出し、内蔵などにも影響を与えることもあります。 喫煙や食生活、ブラッシングなど歯周病の原因はさまざまです。 そういった点から、歯周病は生活習慣病とも呼べるでしょう。

 

歯周病の原因は歯周病細菌です。この細菌は歯と歯茎の隙間に多く存在して毒素を出すので歯茎とその中の骨にダメージを与えます。歯に全く虫歯などなくても歯を支えることができなくなり最後は抜けてしまいます。

 

歯周病予防、治療共に基本となるのがプラークコントロールです。 プラークコントロールとは歯周病の原因である『歯垢(プラーク)=歯周病菌』の増殖を抑えることに重点を置いた予防、治療法で、正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本なのです


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp