製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の様々な症状及び歯周病と喫煙の関係について

歯周病の様々な症状及び歯周病と喫煙の関係について

 歯周病とは、口内に定着した歯周病原菌によって 歯を支える歯周組織(歯肉・セメント質・歯根膜・歯槽骨)に 起こる感染症です。 歯の隙間に残った食べ物のカスなどに細菌が繁殖し、 歯垢(細菌の塊)となって毒を出すことで 歯周組織が破壊されていくのです。

 

歯周病の症状についてのこと

起床時に口の中が粘つく。2歯が長くなった。3口臭がある。4食べ物が歯にはさまる
歯ぐきが腫れている。6硬い物が噛めない。7歯がぐらつく。8歯をみがくと血が出る
歯ぐきを押すと膿が出る

 

歯周病は、細菌感染症です。歯の表面に付着したばい菌をキレイに取りさることが歯周病治療の基本です。歯科病気を治療する時に専門な器材に離れません。一部分の歯科器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

歯周病と喫煙について

喫煙をしていると、歯ぐきの免疫力や修復機能が低下してしまうため、喫煙している人は喫煙していない人に比べて、2倍から6倍も歯周病になりやすいデーターがあります。 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp