製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 審美歯科に用いる材料と審美歯科のホワイトニングについての質問

審美歯科に用いる材料と審美歯科のホワイトニングについての質問

 ハイブリッドセラミックとは

セラミック(陶材)とレジン(プラスチック)を混ぜた材質を言います。セラミックと比べると柔らかいため、周囲の歯にダメージを与えることが少なく、価格も低いです。しかし、見た目は少々おとり、時間が経つと変色することがあります。

 

メタルボンドクラウンとは

メタルボンドクラウンとは、中身は金属で、外から見える部分だけに「セラミック(陶器)」を貼り付けた「クラウン(被せ物、差し歯)のことで、「陶材焼付鋳造冠」とも呼ばれます。メタルボンドクラウンは、見た目が良く、変色せず、強度も強いという特徴があるので、非常によく使用されています。

 

オフィスホワイトニングとは?

歯科医院で行うホワイトニングです。高濃度のホワイトニング剤を歯に塗布して、特種な光歯科通販を宛てて歯を白くします。1回1時間なので短時間で白くする事が出来ますが、ホームホワイトニングに比べ、効果の持続が短くなります。一度で希望の白さにならない場合は、数回通院する必要があります。

 

ホームホワイトニングのメリットは何ですか?

1、比較的歯にダメージが少ない。2、ご自分で治療するので自分の思い通りに出来る。3、オフィスホワイトニングよりは費用が掛からない。4、歯科に頻繁に通う必要がない。

5、効果が長持ちする。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp