製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病という病気の原因、怖さと予防法についてのこと

歯周病という病気の原因、怖さと予防法についてのこと

 歯周病は歯槽膿漏という名でも知られ、虫歯と同様に非常に罹患率の高い歯科疾患です。最近ではテレビコマーシャルなどで歯周病予防ブラシや洗口剤が宣伝されるようになり、歯周病という言葉をよく耳にするようになりましたが、実際に歯周病がどのような病気であるか

 

歯周病とは、歯と歯肉の間(歯周ポケット)にたまったプラークに棲む歯周病菌によって、歯肉に炎症が起き、歯を支える顎の骨や歯周組織が溶かされていく病気です。放っておくと、最終的には抜け落ちてしまいます。歯科病気の治療は専門な歯科機器が必要です。一部分の歯科機器はエアーコンプレッサーの協力が必要です。

 

歯周病は進行すると、歯が抜けて日常生活に大きな支障をきたすだけでなく、さまざまな病気とも関係します。歯周病は「万病の元」。これは研究の結果、明らかになった医学的な事実です。

 

歯周病予防には、早期発見・早期治療が大切ですが、自分だけでは分かり難いものです。歯周病を防ぐためには、歯科医院でレントゲンを撮ったり、歯周ポケットの深さを測ったりなど、専門的な検査をすることが必要です。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp