製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 生活習慣と歯周病の関わりの紹介

生活習慣と歯周病の関わりの紹介

 歯周病とは、「歯槽膿漏」ともいい、歯茎に歯周病菌が感染することで起こる感染症です。大人の約8割がすでに歯周病菌を持っており、大多数の方で気づかないうちに歯周病が進行しています。治療法は虫歯とは違い「削って詰め物をする」というような治療ではなく、毎日のブラッシングや歯科医院での徹底的なクリーニングが必要になってきます。歯周病の治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が欠かせません。

 

歯周病と喫煙

喫煙は、歯周疾患のリスクファクターであるということが証明されています。具体的には、歯肉と歯の境目にある歯周ポケットに、細菌が定着しやすくなる。ニコチンが、歯周組織の正常な増殖を抑制する。ニコチンによる免疫力の低下。 禁煙は歯周疾患を予防し、治療効果を高めることのできる最善の手段です。

 

睡眠不足と歯周病

睡眠不足は体の抵抗力の低下や生活習慣の変化つまり不規則な生活を招き、歯周病になりやすくなります。

 

ストレスと歯周病

精神的なストレスが体の抵抗力の低下などを招き、それにより歯周病ケアにも悪影響を与えます。

 

歯周病の有効な予防法ーPMTC

専用機器を用いた歯のクリーニングです。普段のセルフケアでは落としきれない歯と歯の間、歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)などに溜まった歯垢や歯石などの汚れを徹底的に除去し、虫歯や歯周病を予防します。軽度の着色の除去や口臭予防にも効果があります。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp