製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 虫歯の四つの階段の状態と虫歯の治療方法について

虫歯の四つの階段の状態と虫歯の治療方法について

 むし歯は、細菌が作り出す酸によって硬組織の歯が溶かされていく疾患です。むし歯の初期の段階であれば歯みがきなどのセルフケアによってある程度の進行を抑えることができますが、いったん歯に穴があいてしまうと歯の崩壊が進んで治療も困難になります。

 

虫歯の四つの階段の状態について

C1歯の表面 あるエナメル質に小さな穴ができます。痛みなどの自覚症状がほとんどないので、気づかないこともあります。

C2エナメル質の奥の象牙質まで虫歯が進んだ状態です。甘いものや冷たいものがしみるといった症状が出てきます。

C3虫歯が神経まで達した状態です。激しい痛みがあり、神経が壊死すると根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが腫れたりします。

C4ほとんどの歯がなくなり、根だけが残っている状態です。

 

虫歯の治療方法について

C1プラスチックをつめる

C2プラスチックか金属を詰める

C3神経を取って薬を詰めてからかぶせる

C4抜歯

虫歯を治療する時に専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が欠かせません。

 

虫歯の予防について

虫歯を予防するためには、なるべく間食などを控え、規則正しい食生活を心がけましょう。 食生活と同様に歯磨き時の正しいブラッシング方法を身に付けることも大切です。 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp