製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 虫歯の程度と虫歯の予防法

虫歯の程度と虫歯の予防法

 虫歯はプラーク(歯垢)を構成するミュータンス菌の生成する酸で歯が溶けた状態です。 歯は骨とは違い、自然に追加されたり治癒したりすることは起こりませんので、一度始まった虫歯は治療を必要とします。歯科病気の治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブによる消毒が欠かせません。

 

虫歯の程度

C0~C1歯の表面だけが溶けている状態

C2歯の硬い部分を貫通し、やわらかい部分にまで虫歯が進行してしまっている状態です

C3歯の神経まで達している深い虫歯です

C4歯の根元まで虫歯が到達してしまった状態です

 

PMTCでの虫歯の予防

虫歯の原因となる菌は、お口の中にいるほかの菌と一緒になって「細菌バイオフィルム」と呼ばれる膜を作ります。これは粘着力が非常に強いため、ブラッシングや洗口剤だけでは落とすことができません。PMTCでは、プラスチックやゴムなどの柔らかい器具を用いて、「細菌バイオフィルム」をきれいに落としていきます。

 

フッ素塗布での虫歯の予防

フッ素塗布は、虫歯を予防するのに大変効果的です。 特に、乳歯や生えてきたばかりの永久歯は虫歯になりやすい上に、 進行も早いのです。フッ素塗布で歯を強くして虫歯を予防しましょう。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp