製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 虫歯の四つの階段と虫歯の予防法の紹介

虫歯の四つの階段と虫歯の予防法の紹介

虫歯は、お口の中の細菌が出す酸が歯の表面を溶かす事で発症します。虫歯は痛くなってからでは、すでに症状が進行してしまっていることが多く、さらに放置しておくと、神経や骨の病気に発展してしまい、結果的に歯を失う原因になってしまいます。歯科病気を治療する時に専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブによる消毒が欠かせません。

 

虫歯の四つの階段

C1:初期の虫歯でエナメル質のみまたは象牙質の表層まで及んだもの。

C2:虫歯が象牙質の深部までに及んでいるが、歯髄(神経)は保存できるもの。 

C3:虫歯が歯髄腔(神経のあるところ)まで達し、歯髄の保存は困難なもの。

C4:歯冠の崩壊が著しく、いわゆる残根状態のもの。

 

虫歯の予防法

食習慣や歯磨きなどの日々のメンテナンスと、歯科医院でのプロフェッショナルケアが大事です。プロフェッショナルケアとは、歯科医院で受ける専門的なクリーニングと、定期的な虫歯チェックのことです。定期検診で虫歯が早期に発見できれば、歯を必要最小限に削るだけで虫歯の修復が可能ですからね。

 

虫歯と唾液の関係

唾液には口の中の食べかすを洗い流したり、虫歯菌を弱らせたりする働きがあります。また酸性に傾いた口の中を中和する働きもあります。そのため唾液が少なくなることは虫歯の発生率を高めてしまいます。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp