製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病と糖尿病及び歯周病と早産の関係の紹介

歯周病と糖尿病及び歯周病と早産の関係の紹介

近年の研究では、歯周病は全身疾患と深い関係があることがわかってきました。歯周病菌が唾液を介して全身に広がると、糖尿病や心臓血管疾患などを引き起こし、さらには早産にも影響を与えるとさえ言われています。歯科の病気を治療する時に専門な器材が必要です。一部分の歯科器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

歯周病と糖尿病

以前から、歯周病は糖尿病の合併症の一つと言われており、糖尿病の人はそうでない人に比べて歯肉炎や歯周炎にかかっている人が多いという報告が多くあります。 また最近では、歯周病になると糖尿病が悪化するという逆の関係も明らかになってきました。つまり、歯周病と糖尿病は、相互に悪影響を及ぼしあっていると考えられるようになってきました。

 

歯周病と早産

歯周病にかかっている母親は低体重児出産や早産の可能性が高いと言われております。歯周病原菌の病原因子刺激によって産生されたサイトカイン(インターロイキン、インターフェロンなど)の作用として、妊婦に対して低体重児出産(2500g以下)を促すことが報告されています。

 

歯周病の予防

歯周病を予防するには、早期発見、早期治療が一番重要です。 少なくとも3ヶ月~半年に1度定期健診を受けることをお勧めいたします。まずは現状を知るために医院で検査を受けることをお勧めいたします。また、歯周病は発生しやすい病気です。治療終了後も定期健診などの定期的なケアがとても大切です。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp