製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 恐ろしい歯周病と全身疾患の関係

恐ろしい歯周病と全身疾患の関係

 歯周病(歯槽膿漏)は、食べかすなどがたまった歯垢や歯石が原因で、歯周病菌が異常繁殖し、歯ぐきに炎症が起こる病気です。日本人成人の約80%がかかっていると言われています。歯科病院では専門な歯科機器が必要です。一部分の歯科機器はエアーコンプレッサーの協力が必要です。

 

歯周病は読んで字のごとく、歯の周囲に起きる病気。ですが歯周病菌が口腔内のキズなどから毛細血管を通じて各臓器に運ばれると、全身疾患を引き起こしてしまいます。歯を失うだけではなく、全身の健康を害する恐れがあるのでそういった意味でも予防が肝心です。

 

糖尿病

歯周病になると糖尿病になりやすくなったり、糖尿病になると歯周病が悪化しやすくなったりします。また、治療においても、糖尿病の患者様は、歯周病の治療効果があまり得られないということもあります。

冠動脈心疾患

歯周病による炎症が動脈硬化を進ませる場合があることがわかってきています。また、歯周病菌が心臓に運ばれ細菌性心内膜炎の原因になる場合もあります。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp