製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 親知らずの危害と親知らずを抜歯しなくても良い場合の説明

親知らずの危害と親知らずを抜歯しなくても良い場合の説明

 親知らずが生えてくる20歳前後の年齢では、親は子供の口の中の状態を知らないから、「親知らず」と名づけられたとも言われています。いずれにしても、私たちにとって、口の中の一番奥に最後に生えてくるのが親知らずです。歯科治療の時に専門な器材が離れません。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

親知らずは必ず抜かなければならない歯ではありません。まっすぐ正常に萌出し、かみ合わせもしっかりしていればずっと使える歯の一本です。ただ、時には真横に生えてしまったり、ななめに生えることで磨こうと思っても歯ブラシが届かず細菌の巣くつになってしまい歯茎がはれてしまったり、虫歯になってしまったり、時にはひとつ手前の歯を悪くしてしまうことがあります。そういったときは抜歯の対象になります。

 

親知らずによる痛みの原因

虫歯

1、ブラッシングが上手く行えないために起こる虫歯。

圧迫

2、隣接する歯を圧迫するために起こる痛み。

智歯周囲炎

3、親知らず周辺部の歯肉が炎症を起こす。

 

抜歯しなくても良い場合

1、きちんと萌出しており、清掃困難ではない場合。

2、骨の中に完全に埋まっている場合。

3、一度も親知らず周囲の痛みや腫れ、違和感を感じた事のない場合。

4、横向きに萌出しているが、周囲組織に悪影響を及ぼす可能性の低い場合。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp