製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病のⅠ期ーⅣ期の症状と歯周病の予防について

歯周病のⅠ期ーⅣ期の症状と歯周病の予防について

歯周病は、初期の頃にはほとんど自覚症状が出にくいため沈黙の病気とも呼ばれ、日本人の成人のおよそ8割以上の方が罹患しているといわれています。歯茎から血が出るなどの症状に気づいた時には、歯周病がかなり進行していることも珍しくなく、30歳以上で歯を失う第一の原因であると言われています。歯周病の治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が欠かせません

 

歯周病は、歯と歯ぐきの間にたまる歯垢に含まれる細菌が主な原因で進行していきます。歯周病菌によって歯ぐきが炎症を起こして腫れたりするだけでなく、骨まで溶けてしまいます。この骨は歯槽骨と呼ばれ、適度なクッションを保ちながら歯を支えています。もしこの骨がなくなれば、いくら丈夫な歯といえど、あっさりと抜けてしまいます。

 

歯周病の進行

Ⅰ期歯周病菌の出す毒素などで歯ぐきが腫れ、むずむずする。赤く腫れるが、見た目ではまだ判りづらい。

Ⅱ期歯周ポケットという溝ができ、歯垢や歯石がたまる。歯ぐきから出血したり、膿が出ることも。同時に徐々に歯槽骨が溶け始める。

Ⅲ期炎症が奥まで進み、歯ぐきはブヨブヨした状態になり、血や膿が出て、口臭もひどくなる。歯槽骨がかなり溶けて、歯がぐらついてくる。

Ⅳ期歯周病の末期症状。歯槽骨がほとんどなくなって、歯根が露出する。ものを噛むことができず、歯が抜けることも。

 

歯周病の予防と治療

歯周病予防、治療共に基本となるのがプラークコントロールです。プラークコントロールとは歯周病の原因である歯垢(プラーク)の増殖を抑えることに重点を 置いた予防、治療法で、正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本です。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp