製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の進行と全身疾患と歯周病の関係

歯周病の進行と全身疾患と歯周病の関係

 歯周病は虫歯同様、口腔内の細菌により、歯の周りの組織が破壊される病気です。成人の約80%が罹っていると言われていいます。自覚症状があまり無いことから軽視されがちですが、歯を失う大きな原因となりますので注意が必要です。PMTCの治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブによる消毒が必要です。

 

歯周病の進行

1、歯と歯茎の間の溝にプラークがたまる。

2、プラークが歯石となり炎症が進み

3、さらに骨が溶け、歯が動きだし、歯茎が腫れてくる。

 

歯周病は歯周組織の細菌感染によって引き起こされます。その細菌が血流に入り込み体を巡ってあなたの健康に様々な悪影響を起こすことがあります。例えば:1、心臓病や心臓発作。2、糖尿病。3、呼吸器疾患。4、骨粗しょう症。5、早産や未熟児などの妊娠に関連した問題などが挙げられます。また最近の研究によると、歯周病の人たちがそうでない人たちに比べてほぼ2倍の確率で冠動脈疾患になること報告されています。

 

歯周病の予防に効くPMTC

PMTCとは、歯科医師や歯科衛生士が徹底的に汚れを落とすクリーニング方法です。 クリーニングには、専用のブラシやチップなどの機械を使用し、手磨きの歯ブラシでは届かない細かな溝や奥歯の歯茎の境目などもスッキリ磨き上げます。PMTCは歯周病の予防に効果が高いです。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp