製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の特徴と歯周病を招く原因の紹介 

歯周病の特徴と歯周病を招く原因の紹介 

 歯周病とは歯を支えている骨が何らかの原因によって溶かされてしまう病気です。近年、歯周病患者の増加が著しく日本人成人の約80%が歯周病に感染しています。もはや歯周病は「国民病」「生活習慣病」といっても言い過ぎではありません。残念ながら、一度溶けてしまった骨を元に戻すことはできません。それだけに、歯周病を予防し、進行を抑えることが重要になってきます。

 

歯周病は初期の自覚症状に乏しい病気です。知らぬ間に感染して、症状に気づいた頃にはかなり重症になっていることも珍しくありません。具体的な症状としては、まず歯ぐきに炎症が起きて血が出たり、膿が出たり、口臭がひどくなったりします。さらに進行すると、歯を支えている顎の骨が溶かされていき、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。一部分の歯周病を治療する器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

歯周病の原因は、歯周病菌が原因の感染症ですが、歯周病菌は歯に付着したプラークの中にいます。ただ、それのみが原因ではなく、「歯にかかる過大の力」「ストレス」「たばこ」「糖尿病」「免疫機能」などのほかの要因も複合的に関与して歯周病の発症と進行をもたらしているのです。

 

歯周病治療

初期の歯周病の基本的な治療法は、歯石を除去することです。目に見える歯石を除去するスケーリングと歯根面に付着した歯石を除去するルートプレーニングで、歯に付着した歯石を取り、ツルツルに磨いて歯周病菌の再度付着を防ぎます。歯周病が進行している場合、外科的処置が必要になってきます。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp