製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の手術治療についての知識

歯周病の手術治療についての知識

 比較的軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができます。しかし、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術が必要となります。

 

歯周ポケット掻爬術

麻酔をして歯周ポケット内の歯石や歯垢を除去する術法です。

歯肉剥離掻爬術

麻酔をし歯ぐきを切開して、歯石や炎症部分を除去します。

一部分の歯周病を治療する器材はオートクレーブによる消毒が必要です。

 

エムドゲイン法

エムドゲイン法とは、失ったあごの骨を再生させる治療法です。まずは、歯肉を切開して歯根にこびりついた歯石を取り除く手術を行います。次に、骨再生を促すエムドゲイン・ゲルという薬剤を注入して、骨の再生を待ちます。エムドゲイン・ゲルは、たんぱく質成分でできており自然に吸収されるため、歯周組織の再生後には手術の必要はありません。

 

GTR法

GTR法はエムドゲインと同様、歯周病によって失われた骨を再生させる方法ですが、この方法は、“メンブレイン”という特殊な膜を用いて行います。現在は、GTR法は手術方法が複雑なため同程度の結果が得られるエムドゲインの方が主流になっています。ただし、大きな骨欠損にはエムドゲインより良好な結果が得られますので状態にあわせて選択します。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp