製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 虫歯を引き起こす原因と治療の方法の紹介

虫歯を引き起こす原因と治療の方法の紹介

 虫歯とは、歯の表面に付着した細菌が酸を出し、歯を溶かしていく病気のことです。虫歯は、「口の中の細菌」「歯質」「食べかす」「時間」の4つの条件が重なったときに引き起こされます。最悪の場合は、歯を抜くことになってしまう怖い病気です。

 

虫歯は初期のものであれば、「治療時間」・「治療期間」ともに「短く治すこと」が可能です。深くなった虫歯の場合は穴を埋めるだけでは済まなくなる事があります。 虫歯がさらに進行した場合は歯をささえる歯槽骨を侵し歯ぐきがはれたり、膿がたまったりして場合によっては抜歯となることも少なくありません。

 

虫歯の治療法

C1:虫歯の部分だけを削除して、合成樹脂を充填します。C2:C1 と同様に合成樹脂を充填するか、範囲が大きい場合は削ったあとに歯型を取り、金属やセラミックの詰め物を作り、欠損部を修復します。C3:麻酔をして、傷ついた・死んでしまった神経や膿を取り除き、歯の根の中をきれいにしてから被せ物をします。C4:C3の場合と同様に治療し被せ物をするか、やむを得ない場合は残った歯根部を抜歯します。抜歯した部分は傷が治った後に、ブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。虫歯を治療するときに歯科タービンを利用することがあります。

 

虫歯の予防

食生活のみなおし:だらだら食事をしたり、糖分の多い食事ばかりをとっていると、虫歯菌の数は劇的に増えます。食生活の改善で口の中の環境はかなり変わります。 

フッ素の利用 :フッ素は歯を強くするばかりでなく、虫歯になりにくい口の中の環境を作ります。 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp