製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 虫歯の特徴と虫歯の主な治療法の紹介

虫歯の特徴と虫歯の主な治療法の紹介

虫歯は、歯周病に並ぶ歯科の二大疾患で、歯の硬い部分(エナメル質)が細菌によって溶け出してくる病気です。初期の虫歯(C0~C1)だと痛いなどの自覚症状はなく、歯の表面が溶ける程度で、初期の段階で虫歯だと気付かずに知らぬ間に重度の虫歯になっていたという事が殆どです。

 

虫歯の原因であるミュータンス菌が作り出す酸によって歯が溶けてしまう事を脱灰といい、元に戻ろうとする力を再石灰化といいます。虫歯とはこの脱灰と再石灰化のバランスが崩れることで起こります。つまり、脱灰の方が再石灰化より多くなれば虫歯が出来るのです。

 

虫歯の治療法

1、抗菌剤(3Mix)を使って虫歯を溶かす(主に小さな虫歯)

2、樹脂などで詰める (主に小さな虫歯)

3、型を取って、嵌め込む (主に中程度の虫歯)

4、歯に金属などを被せる (大きな虫歯・深い虫歯)

虫歯を治療する時に歯科タービンを使うことがあります。

 

根管治療について

むし歯が進行すると、歯の土台である歯根までがむし歯菌に侵されてしまいます。歯根の中には歯の神経や血管が入っている「根管」というものがあり、この部分の治療を根管治療といいます。神経まで進行したむし歯の根管治療では、死んでしまった神経と血管を取り除き、根管を洗浄・殺菌して薬剤を埋め、蓋をします。その上からクラウンを被せて、歯の機能を取り戻します。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp