製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科セラミック治療の材料と特性

歯科セラミック治療の材料と特性

セラミック治療虫歯治療などで削った歯を、セラミックで補う治療です。保険対象外の材料のため費用が高くなりますが、保険適用のレジン歯と比較しても透明感のある自然な色に仕上げる事ができ、歯の形や歯並びを良くして口元の審美性を高めることができるという利点があります。

 

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックとは、セラミックとレジンを混ぜ合わせた材料で、クラウンやインレーに使用されます。色調はオールセラミックには及びませんが、天然の歯に近く、硬さも歯と同程度なので噛み心地に違和感がありません。虫歯のセラミック治療の時に歯科タービンを利用することがあります。

 

オールセラミック

オールセラミックとは、素材が全てセラミック材料で出来ているものを使用する審美歯科治療です。金属類を使用せず、全て光を透すセラミック材料で出来ているので、天然の歯に近い透明感のある仕上がりになり、見た目の気になる歯に適しています。また、体に金属アレルギーをお持ちの方でも安心して治療を行うことができます。

 

メタルボンド

表面はセラミック、内部は金属でできたかぶせものです。セラミックの自然な発色と、金属の強度を併せ持った素材で、前歯・奥歯を問わず、従来から最もよく用いられています。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp