製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 虫歯の各階段の状態と対策の紹介

虫歯の各階段の状態と対策の紹介

エナメル質う触

エナメル質のみに限局した虫歯を言います。エナメル質には感覚がありませんので、この状態では痛みは感じませんがむし歯は始まっています。処置としては程度にもよりますが、歯ブラシ指導と経過観察、レジン充填(歯と同じ色の詰め物)などです。範囲が小さければ麻酔をしなくても痛みを感じないで治療を受けることが可能な状態です。

 

象牙質う触

虫歯が象牙質まで進行しています。 無症状の人もいますが、冷たい物がしみたり、進行すると熱い物がしみたりします。 治療には、麻酔を必要とする場合が多くなります。 金属の詰め物か、プラスチックの詰め物をつめます。 保険適応外ですが、金属の銀色が気になる場合はセラミックの詰め物もあります。虫歯を治療する時に歯科ハンドピースを利用することがあります。

 

神経まで達したう触

虫歯がさらに深くなり神経まで到達した状態です。激しい痛みを伴い、神経が壊死すると細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。治療は麻酔をして根管治療をおこないます。神経を取り除き、根の中をキレイにしてから詰め物をします。途中で治療を止めてしまうと症状が悪化しますので、根気よく通院しましょう。

 

歯根まで進んだ虫歯

歯の根まで虫歯が達してしまった状態。この時になると、痛みがあまりなくなることがありますが、歯の周りが腫れてくることがあります。根の治療を行いますが、場合によっては抜歯しなければいけないこととなります。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp