製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 虫歯のメカニズムと根管治療についての情報

虫歯のメカニズムと根管治療についての情報

虫歯はどんな病気ですか?特徴は何ですか?

虫歯とはミュータンスと呼ばれる細菌が産生する酸によって歯が溶かされ、穴が開いた状態になっている歯を「虫歯」と呼んでいます。歯周病と同じように感染症として位置付けられており、初期の段階では自覚症状がないため自分では気付かないことが多いのが特徴です。一度、虫歯になると歯は元の通りには戻りません。予防することが一番大切なのです。

 

フッ素の効用は何ですか?

エナメル質を強化して酸に溶けにくくします

初期むし歯を修復する再石灰化作用があります

むし歯が酸を生産するはたらきを抑えます・・・など。

虫歯の無い人が、これからも健康で白い歯を保つためにも有効です。

 

C3の虫歯の治療法は何ですか・

神経まで虫歯が及んでしまった状態で、激しい痛みを感じる場合が多いです。その範囲が小さければ虫歯の部分を除去し、神経を取らずに済む処置も可能ですが、一般的には神経を除去し根の中の治療をした後で、歯の周囲全体をかぶせ物で被う処置となります。虫歯を治療する時に歯科ハンドピースを利用することがあります。

 

根管治療って?

虫歯が進行し神経にまで達してしまうと歯を削るだけでは治すことができず、最終的には歯を抜かなければなりません。しかし、それを回避する方法として「根管治療」があります。根管治療とは、歯の根もと部分にある管(根管)の中から菌に感染した神経や血管をきれいに取り除き、根管を洗浄・消毒して最後に薬剤を詰める治療です。歯を失うと、新たな口腔内のトラブルを引き起こす原因になることもあるため、できることなら歯を失いたくはないものです。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp