製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 審美歯科治療の役割と治療方法の紹介

審美歯科治療の役割と治療方法の紹介

口元にコンプレックスを抱えている方、「人前で話しづらい」「思いきり笑えない」と悩んでいる方は少なくないのではないでしょうか。審美歯科治療は、虫歯や歯周病の治療など、通常の歯科で行っている治療に、「美」という観点をプラスした歯科治療です。

 

審美歯科のセラミック治療法について

セラミッククラウン

審美歯科の虫歯治療の中で最も美しい歯の代替材料はセラミッククラウンです。歯の外側を削り、そこにセラミックで作った冠(クラウン)をかぶせます。セラミッククラウンは白い歯を再現する際に微妙な透明感や、その人にあった歯の色を表現することが出来ます。

 

セラミックインレー

金属を使わないセラミックだけでできた審美性の高いつめ物です。より自然な色合いと形を再現いたします。永年の使用にも変色せず、天然歯の美しさを保ちます。虫歯のセラミック治療の時に歯科ハンドピースを利用することがあります。

 

ラミネートベニア

歯の色が気になる、前歯の形をもう少しバランスよくしたい、少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だ、などと悩まれている方に適している治療がラミネートベニアです。ラミネートベニアとは薄いセラミックを張り付けることにより、歯の色や形、隙間等を改善する審美治療です。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp