製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯を失う原因ー歯周病についての情報

歯を失う原因ー歯周病についての情報

歯を失う原因で最も多いのは「むし歯」ではなく「歯周病」です。「歯周病」によって歯を失う方は35歳頃から増加し、45歳以降では「むし歯」を抜いて歯を失う主原因のトップになります。

 

歯周病の原因

歯と歯の間や歯と歯ぐきの間に食べカスが残っているとそれを栄養源として細菌が繁殖し、 歯垢という細菌の塊が歯の表面にへばりつきます。これを放っておくとプラークは石のように硬い歯石になり、さらにプラークがつきやすくなります。プラークの中の 歯周病菌 が歯ぐきに炎症を起こし、歯周ポケットを作ります。炎症が進んでポケットが深くなるとアゴの骨の一部である歯槽骨が破壊されます。

 

歯周病の治療

スケーリングとは、歯についている歯石を、スケーラーという機械を使ってとることです。歯石の表面はザラザラしているためプラークがつきやすく、除石する事によってプラークコントロールが容易になります。歯石は歯磨きで取ることが出来ない上、一度とっても

しばらくすると再形成されるため、定期的に歯科医院で取ってもらう必要があります。 一部分の歯周病を治療する器材はオートクレーブによる消毒が必要です。

 

重度の歯周病の治療法ーフラップ法

麻酔をして、歯周病にかかった歯の周囲の歯茎を切開し、その中の汚れを取り除く治療法です。歯垢や歯石の除去、歯槽骨の清掃、ダメージを受けた歯肉などの組織を除去することで歯肉を健康な状態に戻します。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp