製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科のセラミック治療の方法の紹介

歯科のセラミック治療の方法の紹介

セラミック治療はセラミック製の人工歯や詰め物を用いた治療で、銀歯や銀の詰め物、小規模の不正咬合や色素沈着など、 審美的な問題を解決したい場合に用います。芸能人なども受けている治療で、とても白く美しい歯にすることができます。

 

セラミッククラウンとは、色調、透明感、形態をフルオーダーメイドで再現して作製する白い陶材のかぶせ物です。光の透過性があり、自然な透明感のある白さを表現しやすく、より自然な色合いと形を再現します。

 

 

セラミックインレーは、セラミックで歯の形に作られた詰め物です。ポーセレンインレーとも呼ばれていて、天然歯と見分けが付かないほど自然な色あいを再現できるインレーです。全て陶器でできている為、長年使用しても硬くて磨耗しないので、変色せず自然な歯の色のままのきれいな状態を保ちます。虫歯のセラミック治療の時に歯科ハンドピースを利用することがあります。

 

 

オールセラミックラミネートべニア

 

 

オールセラミックラミネートべニアは、歯の表面を薄く削り、薄いセラミックを接着させる治療法のことをいい、主に前歯の修復に用います。ホワイトニングで効果が得られない場合や、前歯の形態を少し変えたい場合に適しています。歯を最小限に削って修復できるので、歯への負担が少ない特長がありますが、修復の範囲が小さいため、クラウン治療と比べると取れたり、欠けたりしやすくなります。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp