製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯を補うセラミック治療法の情報

歯を補うセラミック治療法の情報

虫歯などで、歯の一部が損なわれてしまった時には、その部分を補うために、かわりの材料を詰めたりかぶせたりします。昔は金属が用いられることが、ほとんどでした。いわゆる銀歯や、金歯などです。しかし最近、銀歯では印象が好ましくないという理由から、「白い」材料で歯を治療したいというニーズが高まり、セラミックを選択する方が増えています。

 

ハイブリットセラミック

ハイブリットセラミックスはセラミックと樹脂の混合素材です。ハイブリットセラミックスは、セラミッックより粘りがあり割れにくいため奥歯のインレーに最適です。金属と違って歯の色を自由に調色できますので、天然歯と同じような自然な仕上がりです。虫歯のセラミック治療の時に歯科ハンドピースを利用することがあります。

 

メタルボンド

金属の上に白いセラミックスを焼き付けた被せ物です。セラミックスの美しさと金属の強度を併せ持ち、奥歯やブリッジの治療に適しています。内部にゴールド・プラチナ系の貴金属を使用しているため、生体親和性や適合精度に優れています。

 

オールセラミック

オールセラミック法とは歯の治療用材料に、金属に換えてセラミックだけを使用した治療法のことです。セラミック材料の飛躍的進歩により金属と同等の強度となり、奥歯のブリッジ治療も可能になりました。 オールセラミック法の最大の利点は全身的健康によい事と、歯肉のアレルギーにならない事です。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp