製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 四つのタイプのセラミック治療法の情報

四つのタイプのセラミック治療法の情報

オールセラミックについて

オールセラミック治療とは、天然歯にとても近い陶器素材のセラミックを用いた治療のことをいいます。セラミックは天然歯と同等の透明感や色調を持ち合わせており、とても審美性に優れています。また、オールセラミックは一人一人に合った自然な色や形にする事が可能であり詰め物や被せ物として使用することで、自然な見た目を取り戻せます。

 

ハイブリットセラミック

ハイブリットセラミックは、樹脂にセラミックを配合した材質で変色しづらく、天然歯に近い自然な透明感もあり審美的にも美しい仕上がりになります。 まだ弾性がありますので、噛む力が強い奥歯にも適しています。虫歯のセラミック治療の時に歯科タービンを利用することがあります。

 

メタルボンド冠

メタルボンド冠とは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミックを貼り付けたクラウンです。見た目が良く変色せず、強度も強いので非常によく使用されます。さらに、中の金属に貴金属を使用すれば、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性を低くすることも出来ます。

 

ラミネートベニア

歯の表面を一層削り落とし、そこにセラミックまたはプラスチックの薄いシェルを貼り付ける治療法です。小さい歯を大きくして歯と歯の隙間を閉じたり、着色・変色した歯を白く見せる事ができます。歯を削る量が少なくて済みますが、歯の形、歯並びの修正には限界があります。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp