製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 矯正装置の種類と特徴について

矯正装置の種類と特徴について

ミニインプラント

ミニインプラントとは、長さ1cm、太さ1.2mm程度の小さなインプラントで、歯槽骨に埋めて矯正力をかける時に利用することで、従来なら抜歯や手術が必要なケースでもしなくてすんだり、治療期間が短くなるというメリットがあります。

 

リンガルブラケット

別名「裏側矯正」とか「舌側矯正」と呼ばれており、従来の歯の表面につける矯正装置を歯の裏側に装着する矯正装置の事。そんな「リンガルブラケット」ですが、人目に付かなくて矯正が出来る利点がある反面、マイナスな部分もあります。例えば装置に慣れるまで発音しにくかったり、リンガルブラケットを作る高度な技巧技術が求められる為、通常よりも費用が嵩むという事です。矯正する前には専門な器材(歯科用品による精密な検査は必要です。

 

メタルの矯正装置

世界的にもっとも一般的な装置です。金属の特性により薄くて丈夫です。以前は、歯面全体に金属のバンドが張り付いていたので、かなりギラギラしたイメージでしたが、現在は接着剤の発達により小さな「金属の粒」といった感じで、以前ほど目立たなくなりました。歯ブラシによるお手入れも比較的簡単にできます。

 

マウスピース矯正

従来の矯正装置とワイヤーを使用する治療とは違い、装着していることがほとんど分かりません。特に、自分で取り外しができることが大きな特徴で、食事や歯磨き、フロスもいつも通りに行うことができます。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp