製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 虫歯の予防に役に立つ方法の紹介

虫歯の予防に役に立つ方法の紹介

虫歯は、ウ蝕病原性細菌の感染によってはじまります。細菌は食事によって酸を出すので、歯の表面は食事のたびに溶かされます。一方で、人間のからだからはだ液の作用によって、酸を中和したり溶かされた歯の表面を修復する作用があります。歯の表面では食事のたびに脱灰と再石灰化を繰り返していて、このバランスが崩れることで虫歯が起きます。虫歯を治療する時に歯科タービンを利用することがあります。

 

虫歯の予防方法

①正確な歯磨き方法による虫歯予防

虫歯の原因は歯垢なので、毎日歯ブラシで綺麗に落とせれば虫歯にはなりません。しかし毎日歯磨きをしているのに、虫歯になる人は大勢います。それは磨き残しがあるからです。皆さん磨き癖があり、ある場所はいつも綺麗に磨けていても、またある場所は全く磨けていない場合があります。その磨き残しの場所から、虫歯は発生するのです。歯医者さんで、磨き癖をチェックしてもらい、正しい歯磨きの方法の指導を受けることをおすすめします。 

 

シーラント

シーラントとは、奥歯の溝を薄いプラスチックで塞ぐ虫歯予防法です。 奥歯の溝は複雑な形をしているので歯ブラシの毛先が入らずそのために毎日歯磨きをしていても虫歯になってしまうことがありますが、シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝の虫歯を防ぐことが可能です。

 

フッ素のむし歯予防効果

フッ素を歯に作用させると、歯の表面に取り込まれ、歯の結晶(アパタイト)の一部になり、フッ素を含 んだ歯の結晶は、より歯を丈夫にし、酸に対抗します。 フッ素を適切に使うと、歯の表面が強くなり、萌えたての成熟していない歯に対しては、特に効果的 です。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp