製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 虫歯に対する自己防衛と各階段の虫歯の治療法の紹介

虫歯に対する自己防衛と各階段の虫歯の治療法の紹介

虫歯はストレプトコッカスミュータンス菌などが、しょ糖を代謝して、粘着性の多糖類を産生し、これが歯面に付着して、いわゆる歯苔と呼ばれる細菌膜をエナメル質表面に形成し、そこで産生された酸によって、歯が溶かされる病気です。

 

虫歯に対する自己防衛について

口の中にはたえず唾液が流れており、口の中の汚れを自然に洗い流しています。そのうえ唾液は侵食された歯の表面を修復する働きをもっています。この唾液の存在によって人間の体は虫歯を防ごうとしているのですが、唾液で洗い流せない汚れを放置するとどうしても虫歯のできる確率が高くなります。

 

C0C4の虫歯

C0初期の虫歯です

C1浅い虫歯。痛みはほとんど感じません。

C2進行し、象牙質まで達したもの。冷たいものがしみるようになります。

C3歯髄まで達したもの。痛みの持続時間が長くなってきます。何もしなくても痛むようになります。更に進行すると歯グキが腫れ、膿が出てきます。

C4歯冠のほとんどが崩壊したもの。歯冠部がほとんどなくなり、根だけが残っている状態。虫歯を治療する時に歯科タービンを利用することがあります。

 

各階段の虫歯の治療法

1、虫歯がまだそれ程大きくない場合には、まず虫歯になってしまった所を削り取ります。そして削った部分に詰め物をします。2、虫歯が大きい場合には、沢山削らなければなりません。その様な場合には、削った歯に被せ物をします。3、虫歯がさらに進行し、神経まで進んでしまった場合には神経をとらなければなりません。この場合、神経の治療後に、歯に被せ物をします。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp