製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > セラミックでの歯科治療について

セラミックでの歯科治療について

歯科治療でむし歯を削った後には、一般的に保険適用対象の素材で治療が行われ、金属を詰めたり被せたりします。しかし、見た目が悪かったり、金属アレルギー誘発の原因になるという審美面や健康面の両面からデメリットがあります。審美歯科治療の1つであるセラミック治療は白い色の歯科材料であるセラミックを詰め物やかぶせ物に使用し金属の弱点を補う新しい方法です。

 

セラミックインレー

インレーとは、クラウンや抜歯の必要のない、小さな範囲の虫歯を削り、削った部分にぴったりと合う詰め物をする治療方法です。通常の保険診療では、メタルインレーと呼ばれる銀色の金属を使用します。審美歯科で行うセラミックインレーとは、ポーセレンインレーとも呼ばれる、100パーセントセラミックでできた、白い詰め物のことで、メタルインレーに比べ自然で美しく仕上がります。虫歯を治療する時に歯科タービンを利用することがあります。

 

セラミッククラウン

自分の歯を削り、それを土台にして人工の歯をかぶせる物をクラウンといいます。保険内治療の物ですと、金属にプラスチックを付けたものになりますので、強 度が弱く、年数が経つと黄色く変色してしまいます。オールセラミッククラウンですと、セラミックインレー同様、金属アレルギーの心配がない他自然で光透過率の高いので、見た目に大きく影響する前歯にもっとも適した材質のかぶせ物です。

 

ラミネートベニア

歯の表面をわずかに削りその部分に特殊な技術で製作した薄いセラミックを貼りあわせる方法です。強度的な問題で、噛み合わせの状態により施術できない場合もありますが、歯への負担が軽い点と治療期間が短くて済むという点では優れた治療法と言えます。  


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp