製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 虫歯の詰め物と詰め物の材料の紹介

虫歯の詰め物と詰め物の材料の紹介

虫歯で歯に穴があいてしまった場合、虫歯になった部分を削って補修しなければなりません。削った後には詰め物をしますが、その詰め物をインレー(小さい詰め物)、アンレー(比較的大きい詰め物)と呼びます。 虫歯を治療する時に歯科ハンドピースを利用することがあります。

 

詰め物の材料

オールセラミック

金属を使わないセラミックだけでできた詰め物です。より自然な色あいと形を再現します。永年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで天然歯の美しさを保ちます。

 

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックファインセラミックス(陶材)と樹脂との混合材のことです。耐久性に優れ加工性も良い新しい歯科材料です。ハイブリットセラミックスは、セラミッックより粘りがあり割れにくいため奥歯のインレーに最適です。

 

金の詰め物

多少目立ちますが、とても 適合がよく、むし歯が再発しにくい素材です。金属アレルギーも起こしにくいです。

 

銀の詰め物

健康保険が適用できます。他の素材に比べ、むし歯の再発や金属アレルギーの危険性が高くなります。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp