製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 虫歯の進行及び治療方法の紹介

虫歯の進行及び治療方法の紹介

虫歯とはお口の中の虫歯菌によって歯が溶かされてしまう病気をいいます。歯の表面が白くなっている初期のものから大きな穴の空いているものまで全て虫歯です。

 

虫歯になるとどうなるの?

痛みが出てご飯がおいしく食べれなくなります。痛みをガマンしていると、歯の神経が死んでしまい、 健康な歯にまで悪影響を与えます。進行した虫歯をそのままにしておくと、最終的に抜かなくてはならなくなります。

 

C1C4の虫歯

1はエナメル質に限局した小さな虫歯です。このレベルの段階で治療すれば痛みもあまりなく、目立たないように比較的簡単に治療を終える事が出来ます。C2は象牙質に達する虫歯です。甘いものや冷たいものにしみるようになったり痛みが出ることもあります。

C3は神経(歯髄)まで達した状態です。熱いものがしみたり、夜間眠れないほどズキズキ痛みます。C4は歯の頭の部分の部分がなくなった状態です。

 

治療について

虫歯が小さい場合

虫歯を削り、歯と同じ色合いのプラスチックをその部分に流し込みます。約1回で治療は終了します。虫歯の治療は歯科ハンドピースが必要です。

虫歯が大きい場合

虫歯を削り、詰め物の作成のための歯型を取ります。その部分を仮の詰め物で覆い、詰め物ができあがるまで待ちます。2回目の受診時に、仮の詰め物を外し、できあがった詰め物を装着します。

虫歯が神経まで達した場合は根管治療が必要です。根管治療を行って被せ物を装着します。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp