製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ブリッジ治療の特徴と材料の説明

ブリッジ治療の特徴と材料の説明

インプラントが、何らかの理由で行えない場合、次に選択されるのが、ブリッジです。ブリッジとは、無い歯の両隣の歯を削り、これにかぶせて、つなぎ、咬めるようにする治療方法です。入れた感じは自分の歯と変わりません。歯科治療の時に専門な歯科機器による協力が必要です。

 

ブリッジ治療のメリット

見た目が良い。

違和感が少ない。

 

咀嚼能率がそこそこ高い。(天然歯の約60)

 

歯と歯をつなぐ事によって、噛む力を分散させることが出来る。(歯周病の場合に有利)

 

安価。(保険適用の場合)

 

ブリッジ治療のデメリット

ブリッジを固定する為に両隣の歯を削る必要があります。

支えとなる歯には大きく負担がかかります。

歯肉との間に食べ物カスがつまりやすく、口の中が不衛生になりやすいです。

削った歯に痛みが出れば、神経を取る処置をする場合もあります。

 

ブリッジの使う材料によっても、土台が虫歯になりやすくなったり、なりにくくなったりします。一般的に、ブリッジに使われる材料には、銀合金、金合金、プラチナ金合金(PGA)、 金合金を内側に使ったセラミッククラウン、純金を内側に使ったGESクラウン、高強度セラミックを使ったジルコニアオールセラミッククラウンなど色々な材料があります 。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp