製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の原因及び治療方法の説明

歯周病の原因及び治療方法の説明

歯磨きのたびに歯ぐきから血が出る、歯がグラグラしてきた、歯ぐきが痩せてきたなどの症状がある方は、歯周病の疑いがあります。歯周病は実に全体の7割以上の成人がかかっている国民病です。歯周病の治療は専門な歯科器材が欠かせません。一部分の歯科器材はオートクレーブによる消毒が必要です。

 

歯周病の原因は歯垢ですが、毎日の歯磨きでも完全に除去することは難しく、お口の中に残ったプラークは増殖を続けます。プラークが増殖し歯垢がたまると、歯ぐきに炎症がおこります。炎症がおこると歯周ポケットが深くなっていき、格好の歯周病菌の住処となり、次には歯を支える骨をむしばんでいきます。

 

歯周病のリスクを高める因子

歯並びが乱れていると、プラークが付きやすく歯みがきもしにくくなり、歯周病を招きやすくなります。

歯ぎしり口呼吸などのクセは、歯肉への負担や細菌の繁殖を招き、歯周病を悪化させます。

被せ物が合っていないと、そのまわりにプラークが付きやすくなります。歯周病のリスクも高くなります。

 

スケーリングルートプレーニング

スケーラーと呼ばれる器具を使って歯肉や歯周ポケット内からプラークや歯石などを削り取る治療法です。歯石スケーリングによって除去することで、歯周病の進行を止めます。スケーリングを行うと、歯の根元に軟化した組織が残り、表面が凸凹になります。これをそのままにすると、口腔内の細菌にとって非常に繁殖しやすい状態をつくってしまうのです。そこで行われるのがルートプレーニング。歯根表面の軟化したセメント質や象牙質を除去し、ツルツルに仕上げます。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp