製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > C1ーC4の虫歯の症状と虫歯の対策の紹介

C1ーC4の虫歯の症状と虫歯の対策の紹介

歯がズキズキ痛む、歯茎が腫れて痛いなどの症状の場合、虫歯や歯周病がもっとも疑われます。虫歯は風邪などと違い、放置しておいても治る病気ではありません。早めの治療によって、治療時間も痛みも費用も節減できます

 

C1C4の症状

C1表面のエナメル質にできた初期の虫歯です。まだ痛みはありません。C2エナメル質の内側の象牙質に進行した虫歯です。神経に近くなるため、痛みが現れます。C3歯の奥の神経に進行した虫歯です。歯は大きく溶かされ、激しい痛みが現れます。C4歯冠部がほとんどなくなってしまった重度の虫歯です。神経が死んで一旦痛みはなくなりますが、放置すると膿みが出て、再び激しい痛みが現れます。

 

虫歯の治療法

1、小さな虫歯の場合 樹脂などで詰める

2、中程度の虫歯の場合 型をとって詰め物をつめる

3、大きな虫歯や深い虫歯の場合 歯に金属などを被せる

虫歯の治療は歯科タービンを利用することがあります。

 

フッ素塗布での予防

フッ素は、歯に塗布する事で、歯質を強化し、虫歯になりにくくする薬です。虫歯予防のためのフッ素応用は、歯科医院で行うフッ素塗布の他、ご家庭で行うフッ素入り歯磨き材の使用やフッ素洗口があります。これらを併用することによって、フッ素による虫歯予防の相乗効果が期待できます。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp