製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 虫歯の原因と虫歯の歯根治療の紹介

虫歯の原因と虫歯の歯根治療の紹介

むし歯は、簡単にいうと、プラークの中の細菌と、砂糖によって生まれた酸が歯を溶かしていく病気です。進行して神経に近付けば痛みも出てきますし、さらに放置すると、根っこの先の骨まで溶かしてしまう、実は恐ろしい病気です。

 

虫歯の進行について

C1エナメル質に進行した虫歯。痛みはない

C2象牙質に達した虫歯。冷たいものがしみる。

C3歯の神経に達した虫歯。強く痛む。

C4歯が崩壊し根だけの状態。

 

治療法

インレー:初期の虫歯の時に詰める銀の詰め物

保険の場合は銀歯もしくはレジンを使います。
自費の場合は金・セラミック・ハイブリッド等を使います。

クラウン:ある程度進行した虫歯の時に全体を覆うもの。

保険では銀歯になります。前歯は白いものを被せたものを使います。
自費の場合は金・セラミック・その他を使います。

虫歯の治療を行う時に歯科タービンを利用することがあります。

 

重度の虫歯の歯根の治療

歯の根の治療は、深い虫歯などで歯の神経を取ったあと、神経が入っていた根管をきれいにして、根の先まで薬を入れる処置です。歯の根の治療は、被せ物などの土台になる根の治療なので、歯を残すためには最も大切な処置です。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp