製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 外科矯正、マウスピース矯正、裏側矯正、部分矯正の説明

外科矯正、マウスピース矯正、裏側矯正、部分矯正の説明

外科矯正

骨格が極端にずれている場合など、矯正装置を使用するだけでは矯正が難しい時に用いる歯列矯正方法です。 従来の方法では治療が難しかった下顎前突症などの方も、外科矯正で治療ができます。矯正治療を行う前には歯科レントゲンによる検査は必要です。

 

マウスピース矯正

ワイヤーを使った従来の矯正方法とは異なり、マウスピースを装着して歯列を整えていく矯正方法です。マウスピースなので取り外すことができ、口内ケアがしやすいという特長があります。また、ワイヤーを使うと、動かしたい歯の隣にある歯に大きな負担がかかりますが、マウスピースは歯全体に力を分散させるため、特定の歯へのダメージもありません。

 

裏側矯正

裏側矯正とは、通常は、舌側矯正とも見えない矯正とも呼ばれており、装置を歯の裏側につける治療方法のことです。 前から見ると装置が見えないため他人に気づかれることなく治療を行うことができます。つまり「ギラギラした装置が気になる」、「職業柄、銀色の歯科矯正ができない」方などにお勧めな方法です。

 

部分矯正

部分矯正とは、部分的に歯並びの不具合を調整する処置です。通常の全体矯正に比較して治療期間が比較的短期間で行うことが出来、全体矯正が約2年かかるのに対し、部分矯正は約6ヶ月くらいで終了します。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp